身体にアプローチすることで、自分のあり方も変わる?

皆さん、運動もしくは、トレーニング、ヨガなどの
効果は何を思い浮かべますか?

美しい身体になる。
シックスパックの腹筋を手に入れる。
マラゾンのタイムが上がる。
痩せる。
肩こり、腰痛が治る。

などなど・・・

このような効果を想像するのではないでしょうか。

今日はこれら加えて、「自分のあり方が変わる」という効果があるのではないか。

というお話です。

前回のブログにて、
大きな影響を受けた出会いがあると、書きました。
その一つである、カラダ大学との出会いについて書きたいと思います。

前回のブログはこちらから。

ここちよさ、の探求の旅の始まり

カラダ大学と私が体験していること。

カラダ大学は、株式会社LASCカンパニーが運営しています。

カラダ大学ホームーページ

私がカラダ大学を知ったのは、前職の元上司である神西賢一さんが運営されているからです。

私はここで、PIC講座という講座と、パーソナルセッションを受けています。
PICとは、フィジカルインテリジェンスコミュニケーションの略です。

フィジカルインテリジェンスとは、
「IQ(理論的知性)」「EQ(感情的知性)」に次ぐ、「身体的知性」のことを指します。

この講座の説明については、ホームページを引用させて頂きます。

感覚能力を磨き、その能力をフルに活用することで、
自らの新しい可能性をひらき、
他者や組織との関わりに違いを生み出す

「考える」時代から「感じることを考える」時代へのシフトを感じている人たちが磨くべきことは、思考だけでなく「感覚能力」です。
この講座では、感覚能力を磨き、その能力を活用する術を身につけることで、自分自身の新しい可能性を発見すると共に、
他者や組織との関わりにおいて新しい視座と術を身につけ、進化をサポートする力を養います。

受けていくなかで、感じたこと。

第一回目のセッションでは、「感じる力を目覚めさせる」というテーマでした。
「自分にとってのここちよさは何か?」の問いのもと、
様々なワークの中で、五感を通じて感じることを体験していきました。

目で見て、聞いて、匂いを嗅ぎ、肌で感じる。
また、エクササイズを通じて、身体に目を向ける。

今まで、思考に重きを置き、
どちらかろいうと、自分の感覚を軽視して来たため、
感覚に向き合い、そこから起きる感情や思考に向き合うことは新鮮でした。

また、同セッションでは、
感じたことを、言葉にし、他の参加者と分かち合うことで学びを深めていきます。

それぞれの中で、気付きがあり、自分を磨いていく、そんな感覚がありました。

『身体にアプローチすることで、自分のあり方にもアプローチができる。』という発見です。

どういうことかご説明いたします。

従来は、外部環境にあわせて、自分を成り立たせていました。
そのため、自分の感覚より、組織か家庭の中の立場としての感覚を頼りとしていました。
しかし、その状況で自分に歪みが生じてしまった。

これは前回お話ししたことです。

それを、内部環境である身体の『ここちよさ』という感覚を頼りした生活へのシフトする。
自分の感覚と向き合い、その感覚をもとに考え、行動する。
そうすることで、ありのままの自分でいられる時間が増える。
自分と向き合い、更にここちよさを追求することで、
より生きやすい自分になれるのではないか。

というのが、自分のあり方にもアプローチができる。という私が導き出した考えです。

参加後、私の生活の中で、行動の変化がありました。

それは、身体に目を向けて生活をすることです。

トレーナーなのにそんなこともしてなかったのか?
と、言われるかもしれませんが、

今までは習慣に従った生活をしていました。

例えば、

寝る時間は決まって何時頃にする。
ご飯の量はどのくらい。
会食の関ではお酒はぎりぎりまで飲む。(そして翌日反省する。)
などなど

それを、

眠たいときは、早い時間でも寝る。
お腹空いたら食べる、空いてなければ食べない。
会食で、お酒が飲みたくないときは飲まない。

といった具合です。

自分の身体の向き合い、
目を向け、その状態にとって『ここちよい』選択ををすることで、身体の状態がみるみる良くなりました。

また、身体の状態だけではなく、
コミュニケーションにおいても、よい変化が起きていると感じます。

「身体にアプローチをすることで、自分のあり方にもアプローチが出来る。」
鬱々としていた時に感じていたことが、実体験を通じて、確信が持てました。

カラダ大学のホームページにある、

身体があなたを進化させる。

このキャッチフレーズが、少しずつ理解できてきた今日この頃です。

ご興味ある方は、是非受けてみてください!


※ワークショップ『働くからだ、ご苦労さん会』のお申し込みはこちらから


竹内 修平(たけうち しゅうへい)
札幌在住のパーソナルトレーナー

1987年生まれ、長野県出身。

高校卒業後、上京し、専門学校へ入学。
卒業後、株式会社R-body projectに入社。
プロのアスリートや経営者などに対して、ケガのリハビリから、
スポーツや仕事のパフォーマンスアップの為のトレーニング指導を行う。

トレーナー業務に加え、マネージャーとして、店舗管理、人事、広報、経理、労務業務も行う。
自身のうつ病をきっかけに、「心と身体」のつながりを痛感し、独立。
フリーランスのトレーナーとなる。

札幌、松本、東京にて活動中。
経営者やビジネスマンへのパーソナルトレーニングや、
ワークショップを開催している。

保有資格

日本体育協会公認アスレティックトレーナー
NASM-PES(National Academy of Sports Medicine-Performance Enhancement Specialist)

連絡先

Mail : thanks@takeuchi-s.net

Facebook : https://www.facebook.com/shuhei.takeuchi.3

LINE :  @zaz4556e

共有:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です